【増大サプリ徹底比較シリーズ】ヴィトックスα vs ボルギア3

MENU

【増大サプリ徹底比較シリーズ】ヴィトックスα vs ボルギア3

 

増大サプリを選ぶ際に、成分量の多さを基準として選定しようとすると必ず名前があがってくるのがボルギア3です。ヴィトックスαもボルギア3も配合されている成分数が100種類以上含まれていて、どちらを購入しようか迷ってしまうと思います。
実際に、ヴィトックスαとボルギア3を比較してみると、圧倒的にヴィトックスαのほうがよさそうなことが分かりました。
この記事では、ヴィトックスαとボルギア3を調査して比較した結果について紹介したいと思います。

 

 

コスパと口コミから判断してボルギア3よりもヴィトックスαの圧勝!

ヴィトックスαとボルギア3のどちらがいいのかという結論としては、ヴィトックスαの圧勝という結果になりました!
ヴィトックスαとボルギア3を比較した結果、ヴィトックスαが圧勝となった理由は以下の4点です。

 

ボルギア3のネットでの口コミ数がダントツ少ない割に悪い口コミの割合が多い

ヴィトックスαと比較してボルギア3の実績が圧倒的に少ない

ボルギア3はヴィトックスαと比較すると、かなりコスパが悪い

ボルギア3の公式サイトでの情報の少なさ

 

では、1つ1つ詳細について説明したいと思います。

 

ボルギア3のネットでの口コミ数がダントツ少ない割に悪い口コミの割合が多い

ネットでヴィトックスαとボルギア3の口コミを調査していると、ボルギア3の口コミがヴィトックスαの口コミよりもかなり少ないことが分かります。
ボルギア3の口コミが圧倒的に少ない理由の1つは、ボルギア3が2016年8月末くらいに発売されており、ヴィトックスαよりも発売されてからの期間が短いこと、そしてもう1つの理由は知名度がまだまだ低いという点が挙げられます。

 

ヴィトックスαは、元々海外でも圧倒的に人気がありましたので、日本国内に投入された時点でかなり話題になりました。それに比べてボルギア3が発売されたときは、確かに話題になりましたが、ヴィトックスαの人気のレベルとはかけ離れていました。

 

それと、ボルギア3の口コミは悪い口コミの割合が多いというのは理由があって、以前のボルギア3の公式サイトで誇大広告っぽさがあったからだと分析しています。

 

今現在のボルギア3の公式サイトは、他の増大サプリの公式サイトと比較してもトップレベルで寂しい内容になっています。
しかし、現在の状況になる前までは、次のような怪しい言葉を連発していて、それを真に受けて購入した被害者が続出したために悪い口コミが増えたのではないかと推測できます。

 

【ボルギア3の旧公式サイトでのキーワード】

  • 20cm超えの強靭なペニスへと成長させる
  • 増大や精力効果以外では包茎やED、早漏、角度、性感度、精子量、免疫力、老化防止、整腸作用など様々な効果が見込める
  • ペニス増大平均日数:5.6日
  • 年代別増大値は平均:8.4cm、3ヶ月で+13cm超えも
  • 最速で2日で実感
  • 飲むのをやめてもすぐに元に戻らない

 

うーん、たしかにいいことずくめで非のうちようのない内容ですね。これに期待した人が殺到して、飲んでみたけどそれほど効果がないというクレームにつながったのでしょう。
あるサイトでは、実際にボルギア3を8人に飲ませたところ、3人しか増大を体感できなかったという書き込みもありました。
ボルギア3は決して安い買い物ではないので、ダマされと言われても仕方がないですね。

 

ヴィトックスαと比較してボルギア3の実績が圧倒的に少ない

ボルギア3は海外での実績もそれほどではないですし、国内においても最初だけ成分数の多さで話題になりましたが、第三者の目線でもあまり評価された実績はありません。
一方、ヴィトックスαは国内の男性向け通販サイトで36ヶ月連続売り上げナンバー1を記録したり、2016年にはモンドセレクションを受賞したりと、客観的に評価されている実績がちゃんとあります。

 

この差はやはり大きいですよね。第三者からの評価の高さは、その信憑性を実証してくれます。
ボルギア3も、もう少しある程度の評価があれば安心して購入できると思いますが・・・・今のところ何もありません。

 

 

やっぱり第三者からの評価の高さは重要ですね!いくら公式サイトで効果をアピールしても、実際の口コミや評価が悪いと信用できませんからね!


 

ヴボルギア3はヴィトックスαと比較すると、かなりコスパが悪い

増大サプリを選ぶ際に重要なのはコスパですよね。コスパが悪ければ経済的に飲み続けるのが難しくなってしまいます。
ヴィトックスαとボルギア3の価格を比較してみると、一見するとボルギア3のほうがヴィトックスαよりも安いように見えますが、ヴィトックスαは1箱プレゼントキャンペーンが実施されていて、ヴィトックスαを購入すると、12,800円もするヴィトックスαが無料でもらうことができます。

 

すると、ヴィトックスαを最安のパターンである1箱+1箱プレゼントでもらった場合は、2箱で12,800円になるわけですので1箱あたり6,400円になります。最も高いパターンでも1箱あたり8,533円ですので、ボルギアの1箱13,300円と比較すると全然違いますよね!

 

この差はかなり大きいと思います。コスパの面でもヴィトックスαの圧勝でした。

 

 

増大サプリは値段が高いと続けられないからコスパは超重要ですね!ヴィトックスαならキャンペーンを利用すればかなりお得にゲットできるので飲み続けられますよ!


 

ヴボルギア3の公式サイトでの情報の少なさ

繰り返しになりますが、ボルギア3の現在の公式サイトは、他の増大サプリの公式サイトと比較しダントツで寂しい内容です。
商品のアピールポイントはほとんどかかれていないんですよね。
この理由は、以前の公式サイトで誇大広告をやりすぎてしまい、薬事法に抵触してしまって当局から指導をうけたのではないかと思われます。

 

以前の公式サイトを見たことがある人にとっては、今現在の公式サイトのシンプルさは驚いてしまうことでしょう。
しかし、あまりにも公式サイトがシンプルすぎて、必要な情報まで削除されていて、初めてボルギア3について調べている人にはイマイチ分からない内容です。

 

サプリメントの情報の多さという点でもヴィトックスαの圧勝ですね。

 

 

ボルギア3の公式サイトは、本当にシンプルすぎて売る気が感じられないくらいです。情報が少なすぎて、内容もよくわかりません。過去に相当「やらかした感」がありますね!


 

ヴィトックスαとボルギア3の比較表

このようにヴィトックスαとボルギア3を比較した結果、ヴィトックスαの圧勝となりました。こちらでは、その分析結果の元となった比較表を公開したいと思います。

 

ヴィトックスα

ボルギア3

 

販売元

MEN LABO

メンズボディサイエンス JAPAN

通常価格

1箱 19,800円

★税抜き

1箱 19,800円

★税込み

内容量

30カプセル

Type1 30粒

Type2 30粒

Type3 30粒

合計90粒入り

1日当たりの摂取量

350mg

白色カプセル 324mg

茶色カプセル 324mg

白色錠剤 300mg

合計 948mg

成分数

120種類

100種類以上

主成分

シトルリン

アルギニン

シトルリン

アルギニン

トンカットアリ

馬エキス

割引価格

1箱 12,800(36%OFF)

2箱 24,550(38%OFF)

3箱 34,560(42%OFF)

5箱 51,200(49%OFF)

★すべて税抜き価格

1箱 13,300

2箱 23,400

3箱 32,700

4箱 39,000

★すべて税込み価格

1箱無料キャンペーン

1箱+1箱プレゼント(初回購入のみ)

2箱+1箱プレゼント(初回購入のみ)

3箱+1箱プレゼント

5箱+1箱プレゼント

ヴィトックスα+ローションセット

1セット+1セットプレゼント 17,900円

2セット+1セットプレゼント 33,900円

3セット+1セットプレゼント 48,900円

シリーズ商品

ヴィトックスリキッド(ローションタイプ)

ヴィトックスショット(ドリンクタイプ)

ヴィトックスアーマー(パンツタイプ)

送料

沖縄県以外 648円

沖縄県   1,800円

ヤマト運輸 650円

日本郵便 850円

支払方法

クレジットカード

代金引換

代金引換

現金書留(前払い)

満足度

平均96.5%

実感速度

平均5日

実績

国内男性向け通販サイト

36ヶ月連続売り上げナンバー1

(2014-2016年)

受賞歴

2016年モンドセレクション ブロンズ賞

製造国

日本

日本

 

唯一、ボルギア3がヴィトックスαと互角なのは含まれている成分の種類!

ヴィトックスαとボルギア3を比較した結果、ヴィトックスαの圧勝となりましたが、唯一ボルギア3が互角に戦えた部分が成分の種類でした。

ヴィトックスαの成分の種類は約120種類、ボルギア3の成分の種類は100種類以上となっています。

 

ボルギア3は『白色カプセル』『茶色カプセル』『白色錠剤』の3種類の粒が入っていて、1日にこの3種類の粒を1つずつ服用します。
この3種類の中に含まれている成分の種類が数えてみると108種類ありました。
(それぞれのカプセルに同じ成分が含まれているものもあり、それも考慮して私が数えた数字です。)

 

【白色カプセル】

トンカットアリ、ブラックジンジャー、マカ、ヒハツ、ニームリーフ、カンゾウ、ニンニク、ヤマイモ、カンカニクジュヨウ、グロビン分解物、ホップ、プエラリアミリフィカ、ボスウェリア・セラータ樹脂、ソフォン、朝鮮人参、ガラナ、ボロホ、カツアバエキス、ムクナ、ショウガ、エゾウコギ、エキナセア、田七人参、アムラ、紅景天、ガルシニア、ウコン、ガジュツ、ヒマラヤ人参、ムイラプアマ樹皮、ブラックコホシュ、ケイヒ、明日葉、ブラックカーラント、ハス胚芽、キャッツクロー、ソーパルメット、カモミール、ナツメ、コリアンダー、ビンロウジ種子、黒胡椒抽出物、トレハロース、二酸化ケイ素、ゼラチン、着色料(酸化チタン)

 

【茶色カプセル】

馬ペニス抽出物、馬睾丸抽出物、豚睾丸抽出物、オオヤモリ、プラセンタ(豚由来)、冬虫夏草、タツノオトシゴ、コンドロイチン含有軟骨抽出物(豚由来)、トナカイ角、蛇胆、鮭白子抽出物、燕の巣抽出物、蜂の子、ヤツメウナギ、スッポン、マムシ、コブラ、ハブ、蟻、カキ肉エキス、コラーゲン、チキンエキス、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD3、ビタミンB12、トレハロース、二酸化ケイ素、ゼラチン、着色料(カラメル色素)

 

【白色錠剤】

デキストリン、L-シトルリン、L-アルギニン、L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン、L-グルタミン、グリシン、DL-アラニン、L-オルニチン塩酸塩、L-リジン塩酸塩、L-アスパラギン酸Na、D-リボース、L-トリプトファン、L-カルニチンフマル酸塩、亜鉛含有酵母、クロム含有酵母、銅含有酵母、セレン含有酵母、炭酸カルシウム、硫酸マグネシウム、塩化カリウム、クエン酸第一鉄、MSM(メチルスルフォニルメタン)、クエン酸、リンゴ酸、結晶セルロース、グリセリン脂肪酸エステル、メチルセルロース

※原材料の一部に乳・小麦を含む

 

残念ながらヴィトックスαと同様に成分の配合量については企業秘密ということもあり公開されておりません。
ただ、カプセルが3種類あるため1日あたりの摂取量がヴィトックスαの約3倍弱とれますので、成分の種類と量ともに十分ではないかと思います。また成分の内容も、ヴィトックスαと同様にシトルリンやアルギニンをはじめとしたペニスの増大に必要なものが含まれています。

 

ただ、ペニスの増大については配合されている種類と比率が非常に重要で、それらの配合によって成分ごとの相互作用に大きく差が付きます。
これだけ口コミや実績に差があるのは、その黄金比率を確立しているヴィトックスαがなせる技なのでしょう。

 

おすすめは圧倒的にヴィトックスα!

ということで、ボルギア3と比較した結果、ヴィトックスαの圧勝ということになりました。
何といっても口コミや第三者からの実績を見ていると、ヴィトックスαが本当に評価されているというのが分かりますよね。
これだけ評価されているということは、あなたがヴィトックスαを飲んでも期待できるのではないかとワクワクすると思います。

 

あとは今すぐヴィトックスαを最安値でゲットしてスタートするだけです!先程もヴィトックスαの1箱プレゼントキャンペーンのお話をしましたが、ヴィトックスαのコスパがいいというのは、この1箱プレゼントキャンペーンあってのことです。

 

しかし、残念ながら1箱プレゼントキャンペーンは期間限定となっておりますので、いつ終了してしまうかは誰にも分かりません。
大人気のヴィトックスαを試すなら、今すぐ公式サイトをチェックしてキャンペーンが実施されていたら迷わずゲットしてくださいね!

 

関連ページ

ヴィトックスα vs ゼノシード
増大サプリのヴィトックスαとゼノシードを徹底比較しています。
ヴィトックスα vs ゼファルリン
増大サプリのヴィトックスαとゼファルリンを徹底比較して、どちらがいいのかを紹介しています。
ヴィトックスα vs バリテイン
ヴィトックスαと他の増大サプリを徹底比較しています。
ヴィトックスα vs ペニトリンMAX
増大サプリのヴィトックスαとペニトリンMAXを徹底比較した結果について紹介しています。
ヴィトックスα vs べクノールEX
ヴィトックスαとべクノールEXを徹底比較した結果について詳しく解説しています。
ヴィトックスα vs ゼナフィリン
増大サプリのヴィトックスαとゼナフィリンを比較した結果について紹介しています。