【完全保存版】ヴィトックスαに含まれている全成分を格付けチェック

MENU

【完全保存版】ヴィトックスαに含まれている全成分を格付けチェック

 

アメリカで爆発的な人気を誇ったヴィトックスαは、日本人男性向けに大幅に改良されて、『ヴィトックスαエクストラエディション』として日本国内に投入され、大ヒットしています。

 

改良されたヴィトックスαは、主成分の「シトルリン」の配合量が従来版の2倍になり、従来版の原料に100種類以上の成分を追加配合され、「レスベラトロール」が緊急配合されましたが、全ての成分について、どのような成分なのかについてはよく分かりません。

 

そこでこの記事では、ヴィトックスαエクストラエディションに配合されている100種類以上の全成分について解説していきたいと思います。

 

 

ヴィトックスαの全成分とは?

 

ヴィトックスαには、本当に100種類以上の成分が入っているのかな~?
ちゃんとペニスがデカくなる成分が配合されているのかな?


 

ヴィトックスαの全成分は、「動物系」「植物系」「ミネラル系」の3種類の成分に分類することができます。
全成分を調査した結果、100種類以上もの成分の中で最も多い作用は血管の拡張による血行促進作用で、それによりペニスへの血流が向上してペニスのサイズアップが期待できるというものでした。

 

ヴィトックスαに含まれている100種類以上もの成分1つ1つについて調査を行いましたが、それらを並べても良く分からないので、増大に効果があるのかどうかという基準で格付けをしてみました!
先程の「動物系」「植物系」「ミネラル系」の3つのジャンルに分けて行った成分の格付けを公開するので、チェックしてみてくださいね。

 

ヴィトックスαの動物系成分の成分表

成分

格付け

コメント

マムシ末

 

 

S

マムシは日本で有名な毒蛇で、昔から滋養強壮の生薬として利用されていました。山奥に出かけると、よくビンにマムシを焼酎に入れているのを見かけたりしますよね。マムシには豊富なアミノ酸が含まれており、精子をつくりだす働きや、男性ホルモンの分泌を促進するといった作用が期待できます。また、勃起力改善や血流改善など様々な作用があります。

サソリ粉末

 

 

S

サソリは古来から滋養強壮のために漢方薬として珍重されてきた歴史ある成分です。サソリにはアミノ酸や亜鉛、β-カルボリンなどの成分が豊富に含まれています。サソリは、ペニスの増大に直接的に作用するわけではありませんが、これらの成分による血行促進や、男性ホルモンの分泌促進、ドーパミンやセロトニンなど分泌を促進したりと、間接的にペニスの増大に影響をおよぼす成分です。

スッポン末

 

 

S

スッポンは精がつくとされ、日本ではスッポン鍋として食べられたり、生き血を飲んだりして利用されてきました。実際にスッポンを食べたことがある人は分かると思いますが、明らかに翌日の体調が全然違います。スッポンにはペニスの増大に関係しているアミノ酸やミネラル、ビタミンなど増大に必要とされる成分がバランスよく含まれていて、動物系の成分の中でも特に重要な役割を持っています。

馬睾丸(陰茎含む)粉末

 

 

A

馬の睾丸には良質のアミノ酸やミネラル、プロタミンなどのタンパク質などの栄養素が豊富に含まれています。それらの栄養成分が男性ホルモンの分泌を促進する働きがあるため、古くから睾丸を食べることで精力アップにつながるといれていて、ペニスの増大や精子の増加などの作用に期待できます。

クジラエキス末

 

 

A

鯨肉から抽出されるクジラエキスには、バレニンとアンセリンという成分がふくまれており、この2つの成分がペニス増大にも期待できるということで、サプリメントへ使われることが多くなってきました。バレニンは脂肪の燃焼をサポートする働きがあり、アンセリンは乳酸をエネルギーに変換してくれるため、疲労回復やアンチエイジング効果も期待できる成分です。

トナカイ角粉末

 

 

A

トナカイの角は古くから漢方薬としても利用されており、鹿茸(ろくじょう)という漢方があります。アルギニンをはじめとしたアミノ酸を多く含んでおり、アミノ酸により血液の流れを改善することでペニスの増大やED改善などに関係する成分です。

タツノオトシゴ末

 

 

A

タツノオトシゴも滋養強壮や精力増強などの作用をもたらしてくれるものとして漢方薬として長い間珍重されてきました。タツノオトシゴにはアミノ酸、ミネラル、タンパク質などの栄養素が多くふくまれていて、特にたんぱく質とアミノ酸を一緒に摂取することによってペニスを大きくする役割があります。

蜂の子末

 

 

A

蜂の子には、タンパク質が豊富に含まれていて、その中に18種類ものアミノ酸が含まれています。アルギニンや亜鉛など、精力増強やペニスの増大にもいいとされる成分も入っており、ヴィトックスαの動物系成分の中でも非常に増大に関係している成分の1つです。最近の男性向けのサプリには多く配合されています。

鮫軟骨抽出物

B

その名の通り、サメの軟骨から抽出された成分で、ふかひれで有名ですよね。コンドロイチンが主成分で、人の軟骨の栄養補給を行い、関節をスムーズに動かしたりする働きがあります。コンドロイチンは、最近よくテレビのCMでも聞く成分ですよね。

エラブ海蛇末

B

インド洋から太平洋の温かい地域に生息している猛毒を持った海蛇で、沖縄では古くから精力増強の薬としてつかわれてきました。沖縄ではイラブーと呼ばれています。ビタミンD3やアミノ酸が豊富にふくまれており、血行促進などの作用が期待できます。

豚睾丸エキス

B

ヴィトックスαには馬の睾丸も含まれていますが、豚の睾丸にもペニスの増大に関係する材料の1つです。豚の睾丸にはアミノ酸やミネラルを豊富に含んでおり、滋養強壮のために食べるところもあります。

ヤツメウナギ抽出物

B

ヤツメウナギは実はウナギではありません。そんなヤツメウナギには、ビタミンA、B、D、EやDHA、EPAなど、栄養価の高い成分がふくまれています。他の成分と比較するとビタミンAの含有量が多く、滋養強壮にもいいとされています。

コブラ末

B

東南アジアに多く生息しているコブラは猛毒をもつ蛇として恐れられていますが、一方でタンパク質やアミノ酸、コエンザイムなど血行促進や血管を若返らせるような成分があり、増大サプリに利用されています。

ハブ粉末

B

ハブにはタウリン、アルギニンやグルタミン酸、アスパラギン酸などが含まれていて、昔から漢方薬としても利用されてきました。ハブは4本のペニスがあって24時間ずっと交尾をするといわれています。

黒蟻粉末

B

黒蟻は自分の体の重さの何百倍もの物を持ち上げる力を持っていて、小さい体だからと侮れないパワーを持っています。黒蟻は亜鉛やアミノ酸を豊富に含んでいて、精力アップへの作用が期待できます。

カキ肉エキス末

B

牡蠣には、タウリンや亜鉛、グリコーゲンやアスパラギン酸など、様々な成分が含まれていて、特にタウリンや亜鉛などは精子をつくりだすのに関わっていて、男性の精力増強に必要な成分であると言えます。

オットセイ骨格筋抽出物

B

オットセイは繁殖期には1日50匹以上のメスと交尾をするといわれている超絶倫の動物です。そんなオットセイの骨格筋にはカロぺプタイドというオットセイにしか存在しない成分がふくまれており、8種類すべての必須アミノ酸が含まれています。

鶏肉抽出物

B

いわゆる鶏肉から抽出される成分で、鶏肉に含まれるカルノシンなどの成分が疲労回復効果やアンチエイジング効果、運動能力をアップする効果をもたらしてくれるのだそうです。スポーツをしている人が鶏肉を食べるというのも理にかなっています。

豚軟骨抽出物

B

豚軟骨にはコラーゲンが多く含まれていて、コラーゲンは、体の中のタンパク質の約40%もの細胞をつなぐ役割をしています。コラーゲンといえば肌を良くする作用がありますし、関節にも良いとされています。

豚肝臓酵素分解物

B

豚の肝臓は、ビタミンB群をはじめとしたビタミンや良質なタンパク質が豊富に含まれています。滋養強壮や、肝臓の機能を改善などに関わっている成分で、最近では二日酔いの栄養ドリンクにも使われているようです。

魚肉抽出物

B

魚肉には中性脂肪を減らしてくれるDHAやEPAなどの成分が含まれているためダイエット中に積極的に摂ったほうがいいと言われています。また魚肉には良質なタンパク質が豊富に含まれていて、ペニス増大や筋肉の肥大にも期待できる成分です。

サーデンペプチド

B

サーデンは「新鮮なイワシ」という意味で、最近特定保健用食品にも利用されるようになってきました。サーデンペプチドには血圧を下げる働きがあり、高血圧の人向けのサプリにも配合されています。

鯉胆粉末

B

鯉胆と書いて「りたん」と読みます。鯉胆には様々なアミノ酸が含まれています。1匹の鯉からとれる鯉胆はほんのわずかで、更にそれを粉末にするわけですから、非常に貴重な成分なのです。

馬心筋抽出物

B

最近注目を集めているのが馬心筋エキスです。馬は長距離を走ることができる動物で、馬の心臓は体の大きさと比較すると非常に大きくできています。そんな馬の心臓から抽出した馬心筋エキスは男性機能のアップにも期待できる成分です。

サケ軟骨抽出物

B

健康や美容に応用されているのがサケ軟骨抽出物です。特に最近では青森の弘前大学がサケの鼻軟骨からプロテオグリカンという成分の高純度の抽出に成功して、健康をサポートするサプリメントに応用されています。

鶏冠抽出物

B

鶏冠(けいかん)とは、ニワトリの頭の上にある「とさか」のことです。とさかには、ヒアルロン酸が多く含まれており、古くから中国などでは高級食材としても利用されてきました。天然のヒアルロン酸は大量生産が難しいため、値段もかなり高価です。

ふかひれ抽出物

B

みんなが知っているフカヒレから抽出された成分です。フカヒレはサメのヒレを乾燥してつくられる食品で、タンパク質を豊富に含んでいて、コラーゲンが多く含まれています。コラーゲンは血管や骨などの健康維持に欠かせない成分の1つです。

クリルオイル

B

クリルオイルは南極オキアミという甲殻類から抽出される脂質成分で、最近注目されている成分です。オメガ3系脂肪酸であるDHAやEPA、アスタキサンチンやvitaminなど多く含んでいて、血液をサラサラにしてくれる働きが期待できます。

γ-サイクロデキストリン

B

サイクロデキストリンは「サイクロ=環状」の「デキストリン=オリゴ糖」ですので、環状オリゴ糖とも呼ばれます。γ-サイクロデキストリンは3種類あるうちの1つで、ブドウ糖が8個結合して環状になっているもので、疲労回復や血行促進などの作用があります。

カラメル色素

C

カラメル色素はヴィトックスαの箱には記載されていませんが、公式サイトには記載されている成分です。食品添加物(特にカプセルの着色料)として多く使われる成分ですので、特に増大に関わるところは少ないと思われます。

ゼラチン

C

サプリメントのカプセルの原料として使われているのがゼラチンです。ゼラチンの中でも豚のゼラチンにはアルギニンも含まれていますが、ペニスの増大に影響を及ぼすほどの作用はあまり期待できないかと思われます。

結晶セルロース

C

結晶セルロースは、パルプを分解して結晶部分だけを精製した成分で、サプリの添加物としても利用されている成分です。添加物とはいえ、ただの食物繊維ですので、体の中の有害物質を吸着して体外に出すというデトックス効果は多少はあると思われます。

ショ糖脂肪酸エステル

C

ショ糖脂肪酸エステルはヴィトックスαの箱には記載がありませんが、公式サイトに記載されています。ショ糖と脂肪酸で構成されたもので、食品の乳化剤として利用されることが多いです。ヴィトックスαでも品質維持のために利用されていると考えられます。

 

 

ヴィトックスαの植物系成分の成分表

成分

格付け

コメント

マカ末

 

S

南米ペルー原産の非常に栄養価の高い植物です。マカを栽培すると、その土地が数年間不毛になるといわれるくらい土から栄養をすいとると言われています。マカにはアルギニンやミネラルなどが豊富に含まれていて、精力アップ、疲労回復、ストレス解消などの働きが期待でき、妊活で飲まれている人もいるほどです。最近では大手のサプリメーカーがマカを主成分としたサプリも販売していたりします。

トンカットアリエキス末

 

S

東南アジアで栽培されているハーブで、古くから男性の精力アップに利用されてきました。トンカットアリには男性ホルモンのほとんどを占めるテストステロンの分泌を促進し、血行促進、勃起力アップ、免疫力アップ、男性機能向上など、男性の精力をアップさせる様々な働きが期待できます。

ヒハツエキス末

 

S

ヒハツも東南アジアに分布しているコショウ科の”つる性植物”で、別名「ブラックペッパー」と呼ばれているものです。コショウ科の植物ですので、乾燥させて香辛料として利用されてきました。ヒハツには血行促進などの効果が期待でき、冷え性・高血圧・むくみなどの予防や改善などでも利用されています。体の中の血流が増加することで、ペニスへ流れ込む血液量もアップすることが期待できます。

ブラックジンジャー抽出物

 

A

ブラックジンジャーは別名「クラチャイダム」と呼ばれるタイ原産の黒ショウガのことです。クラチャイダムは、アルギニンやBCAA、亜鉛など精力増強、ペニス増大に関わる成分を多く含んでいることで最近特に注目されています。BCAAは、ヴィトックスαのミネラル系の成分としてリストに記載している「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」の総称です。

高麗人参末

 

A

高麗人参は名前の通り、朝鮮半島が主な原産地で、万能薬として古くから珍重されてきました。高麗人参にはサポニンという成分が多く含まれていて、そのサポニンによる血行促進、代謝アップの働きが、ペニスの増大に関わっています。

ガラナ末

 

A

ガラナは南米のアマゾン原産の植物で、ガラナの種にはカフェインやタンニンが多く含まれています。ガラナは疲労回復や滋養強壮効果をはじめ、カフェインによる覚醒、血行促進、動脈硬化の予防などの作用もあり、特に血行の促進はペニス増大に大きく関わっています。

アカガウクルア末

 

A

インドやタイなどに生息しているマメ科の植物で、ヴィトックスαの箱にはカタカナで「アカガウクルア」と書いてありますが、「赤ガウクルア」のことです。現地では天然のバイアグラと呼ばれているほど、男性機能アップの働きで知られており、タイでは昔から利用されてきた植物です。

ムクナ抽出物

 

A

ムクナも天然のバイアグラと呼ばれている成分で、人気のある男性用サプリメントには配合されている成分です。ムクナにはL-ドーパという成分が多く含まれていて、名前の通りL-ドーパはドーパミンをつくりだす材料となるため、性的興奮がアップしやすくなります。またテストステロンの分泌を促進する作用も期待できるため、増大にも関わっています。

ボロホ末

 

A

南米で古くから薬として利用されてきたのがボロホです。アルギニンなどのアミノ酸が非常に豊富に含まれている植物で、ペニスへの血流アップが期待できます。また、血液をサラサラにする働きもあるので、ペニス増大に不可欠な血行促進にも期待できます。

赤ワインエキス末

A

ヴィトックスαの公式サイトには記載されていない成分ですが、パッケージの箱には記載されています。サーチュイン遺伝子を活性化する成分として注目されているポリフェノール「レスベラトロール」は、この赤ワインエキス末に含まれていると思われます。

イチョウ葉エキス末

B

イチョウ葉エキス末には多くのフラボノイドやギンコライドが多く含まれています。血管拡張作用、抗酸化作用、神経伝達物質活性作用など、ペニス増大にも深く関わる働きが多く含まれています。

無臭ニンニク末

B

無臭ニンニクは実はニンニクではなく、ジャンボリーキという西洋ネギの仲間です。ただ、ニンニクの滋養強壮に関わる有効成分であるアリインがわずかながら含まれています。しかし無臭ニンニクにはサポニンというアリインに似ている成分が含まれています。

カンカニクジュヨウエキス末

B

カンカニクジュヨウとは、ベニヤナギというタマリクスの根っこの部分に寄生する植物です。アルツハイマー病の治療にも使われている成分ですが、中国では古くから補腎・滋養強壮の薬として利用されてきました。日本では厚生労働省の食薬区分の改正により食品として分類されています。

黒胡椒抽出物

B

黒胡椒は胡椒の一種で、実が熟す前に乾燥して粉末加工したものです。黒胡椒には胡椒特有の辛味成分のピペリンと、バイオぺリンという成分が含まれていて、血液の流れを促進する作用があるとされています。

ウコン末

B

ウコンは東南アジアを中心に栽培されているショウガ科の植物です。クルクミンという黄色色素があり、抗酸化作用や肝臓機能の改善などといった作用があるとされています。また、最近ではガンの予防についても注目されている成分です。

春ウコン末

B

ウコンには様々な種類があり、春ウコンはクルクミンやフラボノイド、勘ファーや塩ネール、アズレンといった様々な成分が含まれています。春ウコンには免疫力をアップに作用すると言われています。

クマザサ粉末

B

クマザサは、笹団子やちまきなどで防腐作用のあるものとして利用されてきました。ビタミンやミネラル、クロロフィル、フラボノイドなどといった様々な成分が含まれていて、血圧やコレステロール値を下げたり、解毒作用もあるとされているものです。

田七人参末

B

田七人参(でんしちにんじん)とは中国の雲南省から広西省にかけての地域を原産地としているウコギ科の多年草で、根っこの部分が田七人参と呼ばれています。滋養強壮や肉体の疲労回復などにも期待できる成分です。

ヒマラヤ人参抽出物

B

ヒマラヤ人参は山人参の一種で、あのエベレスト山脈の3,500mあたりに自生している植物です。サポニンを多く含んでおり、造血作用などがあり、貧血や循環器系などの病気にもいいとされています。また体温が上昇し、体があたたまる働きもあります。

エゾウコギ末

B

エゾウコギはウコギ科の植物で、中国では2000年も前から漢方薬として活用されてきました。また、「エゾ」というのは「蝦夷」つまり、北海道に由来しています。エゾウコギにはビタミンやミネラルなどが豊富に含まれています。

ガジュツ末

B

ガシュツとは紫ウコンのことです。ガシュツにはアズレン、シネオール、カンファーをはじめとした様々な栄養素がふくまれており、肝機能のアップ、ダイエット効果、抗酸化作用、血液をサラサラにする働きなどが期待できます。

冬虫夏草末

B

冬虫夏草は、生きた昆虫の体に寄生して生育したものです。中国では昔から滋養強壮に利用されてきました。十数種類ものアミノ酸や亜鉛、マンガンなどのミネラルを含んでおり、精力アップや滋養強壮など様々な効果があるとされています。

カツアーバエキス末

B

ブラジルのアマゾン川流域を原産とする天然ハーブの一種で、先住民の間では滋養強壮のために古くから利用されていた植物です。カツビアンと呼ばれる成分を含んでおり、血流の増加による性欲や勃起力アップ、また催淫効果などにも関係しています。

アガリクス末

B

ブラジルを産地とするキノコの一種で、ブラジルの中の長寿村ではアガリクスを食べることで長生きできることから「神のきのこ」とも呼ばれています。特筆すべき成分としては「β-グルカン」があり、免疫力アップや抗がん作用もあるとされています。

ムイラプラマエキス末(幹)

B

ブラジル原産の低木で、現地では「精力が宿る木」として、滋養強壮や性機能の向上などで古くから利用されてきました。ミラプラミンをはじめ、様々な成分がふくまれており血行促進、ED改善、性欲回復、滋養強壮などの作用が期待できます。

ワイルドヤム抽出物

B

ワイルドヤムはメキシコヤマイモとも呼ばれており、その名の通りメキシコやアメリカが原産地です。ジオスゲニンやサポニンを多く含んでおり、血流の促進、免疫力アップ、抗酸化作用など、様々な働きがあります。

龍眼肉エキス末

B

龍眼はライチの仲間で、ライチと同じムクロジ科の植物です。龍眼の果実は、ライチと見た目が非常によく似ています。ビタミンやナイアシンなどが含まれており、疲労回復や滋養強壮、造血などの働きが期待できます。

パフィアエキス末

B

「ブラジル人参」や「パフィア」などとも呼ばれるもので、高麗人参と同様にサポインが多く含まれています。昔からアマゾン川の流域では、滋養強壮やアンチエイジングに役立てられてきた成分です。

ロディオラロゼアエキス末

B

ロディオラロゼアはアダプトゲンと呼ばれるハーブの一種です。フラボノイド類やぽりふぇオール類、また抗酸化物質などが含まれています。疲労回復や記憶力の向上、更には抗うつなどの作用もあります。

フェンネル末

B

フェンネルは、地中海沿岸が原産の多年草のハーブです。トランスアネトールを多く含んでいて、新陳代謝のアップ(ダイエット)、デトックス効果、目の疲労回復などに影響を及ぼす成分が含まれています。

ヤマイモ粉末

B

日本人には馴染みのある山芋。山芋にはビタミンやミネラルが多くふくまれており、中でも、ムチン、コリン、アミラーゼの成分が代表的です。ムチンにはタンパク質分解酵素が含まれており、吸収力の向上により疲労回復に作用します。

コロハ種子抽出物

B

コロハというのはマメ科の背負うK物のことで、サポニンや食物繊維を含んでいます。昔から漢方としても利用されているもので、免疫力アップ、血行の促進などの働きがあるといわれています。

ノニ果汁末

B

ノニはアカネ科の常緑樹で、その果実からとれる果汁が古くから滋養強壮の効果が期待できるものとして使われてきました。果実に含まれているスコポレチンによる血液サラサラ効果、プロゼロニンによる抗酸化作用なども期待できます。

西洋人参末

B

西洋人参は北アメリカ原産の人参で、朝鮮人参と同じウコギ科の植物です。朝鮮人参は体を温める作用がある一方、西洋人参は体の熱を冷まし、体に潤いを与えるという作用があります。新陳代謝の向上、免疫力アップなどの働きがあるとされています。

トゲドコロ末

B

東南アジアで栽培されているヤムイモの一種で、その中でも希少価値が高い「幻のヤムイモ」と言われているのがトゲドコロです。サポニンやコリン、ムチンなどの成分が含まれており、疲労回復や滋養強壮にも作用するといわれています。

カカオ抽出物

B

中央アメリカや南アメリカが原産で、チョコレートにも使われていますよね。カカオにはポリフェノールや亜鉛、カルシウム、鉄分、ミネラルなどが豊富に含まれています。疲労回復や血行促進によりペニスの増大へと導いてくれます。

熱帯ウコン末

B

熱帯ウコンはインドの東部からマレーシアにかけて広く分布しています。成分としては、クルクミノイドと呼ばれる成分が多く含まれていて、抗酸化作用や抗炎症作用などの働きがあります。

発酵黒にんにく末

B

普通の生のニンニクを高温多湿の環境で発酵、熟成させたのが発酵黒ニンニクです。アミノ酸やポリフェノールが発酵する前よりも数倍から数十倍程度増加します。抗酸化力、免疫力を高め、精力増強にも役立つ成分です。

ハバネロ末

B

ハバネロは、中央アメリカから南アメリカが原産といわれているトウガラシ属の植物です。強烈な辛さで日本でも知られるようになりました。ビタミン、ミネラル、カプサイシン、カロテンなどが含まれており、血行促進、性欲アップ、疲労回復など様々な効果が期待できます。

ボタンボウフウ末

B

ボタンボウフウは九州や沖縄の海岸に自生するセリ科の植物です。沖縄では長命草とも呼ばれています。ビタミン・ミネラル・ポリフェノールなどの成分が含まれていて、活性酸素の除去による血行改善、ペニスの増大などにも役立つ成分です。

黒マカ末

B

ペルー原産のマカは黒マカ、赤マカ、黄マカ、白マカなどの種類がいくつかあり、中でも黒マカは精力回復の効果が一番高いと言われています。アルギニンの含有量が特に多く、精力増強やペニスの増大にはもってこいの成分です。

ジンジャー末

B

しょうが(ジンジャー)にはショウガオールやジンゲロンなど、辛み成分が含まれています。体の長を流れる血液の流れを改善して、血行を促進する作用があり、風邪の予防などでもショウガ湯を飲んで体を温めるという人もいるくらいです。

ゴマ抽出物

C

アフリカ原産のゴマは、抗酸化力が高いセサミンをはじめ、鉄分、食物繊維、ビタミン(ビタミンB1やビタミンEなど)、カルシウム、脂質など様々な成分が含まれています。成分の約半分が油でできており、ゴマ油としても利用されています。

トレハロース

C

トレハロースはヴィトックスαの公式ページでは記載されていませんが、パッケージの箱にだけ記載されています。トレハロースはオリゴ糖の一種であり天然の糖質です。ペニスの増大目的というよりも食品添加物として利用されていることが多いのが特徴です。

酸化チタン

C

酸化チタンはヴィトックスαの公式サイトだけに記載されています。着色料などの食品添加物として利用されることが多く、ヴィトックスαでも、特にペニスの増大とは関わっていないと思われます。

ゼラチン

C

サプリメントのカプセルの原料として使われているのがゼラチンです。ゼラチンの中でも豚のゼラチンにはアルギニンも含まれていますが、ペニスの増大に影響を及ぼすほどの作用はあまり期待できないかと思われます。

結晶セルロース

C

結晶セルロースは、パルプを分解して結晶部分だけを精製した成分で、サプリの添加物としても利用されている成分です。添加物とはいえ、ただの食物繊維ですので、体の中の有害物質を吸着して体外に出すというデトックス効果は多少はあると思われます。

ショ糖脂肪酸エステル

C

ショ糖脂肪酸エステルはヴィトックスαの箱には記載がありませんが、公式サイトに記載されています。ショ糖と脂肪酸で構成されたもので、食品の乳化剤として利用されることが多いです。ヴィトックスαでも品質維持のために利用されていると考えられます。

 

 

ヴィトックスαのミネラル系成分の成分表

成分

格付け

コメント

L-シトルリン

 

S

ヴィトックスαを代表する成分です。アミノ酸の一種で、1930年にスイカから発見された天然由来の成分です。以前は日本国内でのサプリでの使用はできませんでしたが、2007年からサプリでの使用も認められるようになった話題の成分です。シトルリンは、ペニス増大に欠かせない成分で、体内に入るとアルギニンに変化し、血管拡張による血行促進・抗酸化作用・成長ホルモンの分泌をサポートする働きが期待できます。ヴィトックスαエクストラエディションには従来版よりも2倍ものシトルリンが配合されていますよ。

L-アルギニン

 

S

シトルリンと同じ作用が期待できる最重要成分で、血行促進、男性ホルモンの分泌促進などの作用があります。シトルリンとの相互作用により、より多くの一酸化窒素(NO)の生成を促進し、更なる増大を目的に配合されています。アルギニンは精力剤などのメイン成分としても多く配合されているスペシャル成分なのです!

亜鉛

 

S

亜鉛は、天然の牡蠣などに多く含まれている成分で、別名「セックスミネラル」とも呼ばれているほどの成分で、男性向けのサプリメントに多く配合されている重要な成分です。最近では、DHCをはじめとする大手メーカーが、亜鉛をメインにしたサプリをコンビニなどでも販売しています。亜鉛は新陳代謝を促進し、精子をつくりだすサポートをしたり、精力アップなどにも作用すると言われています。

L-オルニチン塩酸塩

 

A

オルニチンには成長ホルモンを活性化させる作用が期待できます。ヴィトックスαに含まれているアルギニンで成長ホルモンの分泌を促進し、その分泌された成長ホルモンを更に活性化させるのがオルニチンの役割です。アルギニンとオルニチンの相互作用によりペニスの増大をサポートしてくれる役割があります。

ヨウ素

 

A

ヨードとも言われている成分で、よく知られているのは甲状腺ホルモンの生成に関わっている点です。代謝促進や殺菌作用などがあるため、あの有名な「赤チン」に含まれていますよ。身近なところでは、わかめや昆布などの海藻などに多く含まれている成分です。ヨウ素はタンパク質の合成にも深く関わっているため、ペニス増大の働きも期待できます。

セレン

 

A

セレンは血管拡張による血行促進や抗酸化作用、免疫力アップなど、様々な働きのある成分です。特にペニスの増大に関係するのは血管拡張作用で、これにより体の中を流れる血液の量をアップさせて、海綿体へ流入する血液の量のアップが期待できます。また、最近ではガンの予防にも注目されている成分のひとつです。

L-バリン

A

バリンは人間が体内で作ることができない必須アミノ酸の1つで、バリン、ロイシン、イソロイシン、の3つを総称してBCAAとも呼ばれます。滋養強壮、成長促進、男性機能向上などの作用が期待でき、精力剤や増大サプリには欠かせない成分の一つです。

L-ロイシン

A

こちらもバリンと同じくBCAAと呼ばれる成分です。バリンと同じように、成長促進や勃起力のアップ、筋肉修復や疲労回復など、様々な働きが期待でき、精力増強にとても役立つ成分です。

L-イソロイシン

A

BCAAの最後の1つがイソロイシンです。鶏肉や乳製品(牛乳やチーズなど)、すじこにも含まれている成分で、他のBCAAの成分と同様に疲労回復や成長促進作用などの関係がある成分です。

マンガン

B

マンガン(元素記号:Mn)は、酵素を活性化する成分で、人間の体に存在しているミネラルです。抗酸化物質として構成物質の一部として利用されたり、代謝にも関わっている成分です。様々な代謝に関係していて、生殖機能のアップも代謝に含まれます。

B

最近、サプリメントや美容関連の商品で注目されはじめているのが銅です。銅そのものではなく、銅酵母として利用されることが多く、精力剤にも含まれるようになりました。天然のミネラル成分で、精力アップにも作用するといわれています。

ビール酵母(亜鉛含有)

B

なぜかヴィトックスαの公式サイトには記載がなく、パッケージの箱にだけ書かれている成分です。ビールを製造する際に必要となる酵母で、アミノ酸やビタミン、ミネラル、核酸などが多く含まれていて、セックスミネラルと呼ばれる亜鉛も含まれています。

クロム

B

クロム(元素記号:Cr)は、必須ミネラルの1つで、クロムを摂取することにより、血流の改善、勃起力アップ、代謝アップなどに関係している成分です。精力剤や増大サプリには含まれているものが多い成分です。

モリブデン

B

モリブデン(元素記号:Mo)はアミノ酸の新陳代謝など、人間にとって必須のミネラル成分です。新陳代謝と関係がある成分ですので、ペニスの増大にも間接的に作用していると考えられる成分です。

鉄酵母

B

鉄酵母は、サプリメントや食品、飲料など、様々なところで利用されるようになってきました。疲労回復効果や免疫力アップ、消化のサポートなどの作用が期待でき、鉄酵母には精子をつくりだすサポートをする役割もあるとされています。

ブドウ糖

B

ブドウ糖は、その名の通りブドウをはじめ、ハチミツやイチジクなどにも含まれる単糖類の栄養素です。摂取するとすぐに栄養として吸収され、筋肉を動かすためのエネルギーになります。しかしエネルギーの持続時間も短いのが欠点です。

L-リジン塩酸塩

B

リジンは人間の体の中で合成がでないため、食べ物から摂取するしかありません。肉や魚、豆などにリジンは多く含まれています。リジンは疲労回復や肝臓機能を高める作用があるとされ、ペニスの増大サプリに利用されています。

L-グルタミン

B

グルタミンはアミノ酸の一種で、体の中のアミノ酸の約半分がグルタミンであると言われている重要な成分です。疲労回復効果や免疫力アップなどの作用があるとされ、精力剤の成分として役立てられています。

L-チロシン

B

チーズから発見された成分で、非必須アミノ酸のひとつです。アドレナリンやノルアドレナリン、ドーパミンなど、人間の精神や興奮に関係わる神経伝達物質の材料となっています。チロシンにはやる気のアップにも影響があるため、性欲向上も期待できます。

L-トリプトファン

B

人間の体の中で合成できない必須アミノ酸の1つで、健康維持に欠かせない成分です。集中力アップや精神を落ち着かせる作用があり、うつ病の症状改善にも利用される場合があるそうです。ペニスの増大には間接的に関係している成分です。

L-フェニルアラニン

B

必須アミノ酸の1つで、肉や牛乳、卵などのタンパク質に含まれている成分です。神経伝達物質であるドーパミンやアドレナリンなどの原料となるもので、疲労回復やうつ病の予防などが期待でき、精力剤や増大サプリに含まれている成分です。

L-アラニン

B

グリシンの次に小さなアミノ酸で、ほとんどのタンパク質に含まれている成分です。肝機能の向上や疲労改善などの作用があるとされています。また、長時間の運動にも有効とされ、精力の向上に役立つ成分と言えます。

L-トレオニン

B

トレオニンはチーズや鶏肉、魚などに含まれている成分で、必須アミノ酸の1つです。新陳代謝に関係していて、成長促進や脂肪肝の予防などに作用すると言われることから、増大サプリにも配合されています。

L-ヒスチジン塩酸塩

B

アミノ酸の一種で、子どものうちは体内で合成できないため必須アミノ酸です。ヒスチジンは成長に関わる成分で、成長促進作用や肝機能の向上、そして脂肪を燃焼させるといったダイエット効果など様々な働きがあるとされている成分です。

L-メチオニン

B

硫黄を含んだ必須アミノ酸の1つです。メチオニンは肝臓の毒素や老廃物を体外へ排出して代謝を高める働きがあり、更に脂肪を乳化して脂肪肝を予防する働きがあることから、肝機能アップの作用があります。また、免疫力を高めてくれる働きも期待できます。

L-アスパラギン酸Na

B

非必須アミノ酸の一つで、アスパラギン酸だけだと水に溶けにくい性質のために、水溶性を高めるためにナトリウムと化合している成分です。ミネラルと結びつく性質があり、体への吸収を高めるため、精力アップにも間接的に関係している成分です。

L-セリン

B

人間のタンパク質を構成する20種類のうちの1つで、牛乳や豆腐などの大豆製品、などに含まれています。セリンは脳にとっても重要な成分で、神経細胞の材料となります。また睡眠の質を向上してくれる作用も期待できます。

L-グリシン

B

非必須アミノ酸の1つで、成長ホルモンの分泌を促進、筋肥大への間接的な作用、睡眠の質の向上、抗うつ効果などの作用があるとされています。また、グリシンは抗酸化作用もあるため老化防止にも関係する成分です。

貝カルシウム

B

貝殻を高温で焼いたものが貝カルシウムです。地下から採掘した貝の化石を粉砕したものもあるようですが、男性サプリに含まれているのは化石の貝ではないと思われます。骨を丈夫にしたり、肝機能の向上、精神安定などに作用するといわれています。

ビタミンC

B

ビタミンの中で一番なじみのあるのがビタミンCですよね。ビタミンCは代謝酵素を働かせるのに必要となる栄養素です。ニキビや肌荒れの改善のイメージがありますが、血行改善にも働く成分ですので、ペニスの増大にも関わっています。

ナイアシン

B

水溶性ビタミンの複合体の1つ。ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称でビタミンB3ともいわれています。中性脂肪やコレステロールを下げる作用があり、ペニスへの血液の流入を増加するとされ、精力剤や増大サプリで多く利用されていいます。

ビタミンE

B

脂溶性ビタミンの1つで、ビタミンEには数種類のトコフェロールという物質があり、一番作用が強いα-トコフェロールのことをビタミンEとされています。ナッツ類に多く含まれている栄養素で、抗酸化作用や動脈硬化の予防などに関わる栄養素です。

パントテン酸Ca

B

パントテン酸はビタミンB群の中で5番目に発見されたことから、ビタミンB5とも呼ばれます。そのパントテン酸とカルシウムが結合したのがパントテン酸Caです。タンパク質の代謝や皮膚を正常に維持する作用、抗ストレス作用などの働きがあるとされています。

ビタミンB1

B

脚気(かっけ)の原因になったのがこのビタミンB1ですね。豚肉や玄米などに含まれている栄養素で、糖質をエネルギーに変える働きがあります。また、それら糖質を消費している脳神経などを正常に保つ働きがあるといわれています。

ビタミンB2

B

ビタミンB2は水溶性ビタミンの1つで、脂質・糖質・タンパク質を体内でエネルギーにする代謝をサポートする働きがあります。成長促進にも作用し、ペニスの増大にも間接的に関わる栄養素です。

ビタミンB6

B

体の代謝に関係する他の酵素の補酵素としての働きがあり、トリプトファンからセロトニンを生成したり、ジヒドロキシフェニルアラニンからドーパミンを生成したりと、アミノ酸の代謝にも深く関わっています。セロトニンやドーパミンは精神状態に関係しています。

ビタミンA

B

脂溶性ビタミンの1つで、ナッツ類などに多く含まれている栄養素です。抗酸化作用が非常に高いことで知られており、老化防止やLDLコレステロールの酸化が原因の動脈硬化などの要望に役立てられている栄養素です。

ビタミンD

B

脂溶性ビタミンの1つで、魚介類や卵などにも含まれています。人間が日光を浴びることでもつくられます。カルシウムやリンなどを吸収促進する働きがあるとされ、骨粗しょう症や動脈硬化などにも作用します。

葉酸

B

水溶性ビタミンの1つで、ホウレンソウや枝豆、モロヘイヤなどの緑黄色野菜にふくまれている栄養素です。細胞分裂やDNAの合成に関わる栄養素で、造血作用、動脈硬化の予防、神経の働きをサポートする役割があります。

ビタミンB12

B

水溶性ビタミンの1つで、カキやレバーなどの動物性食品に含まれています。ビタミンB12は、上で紹介した葉酸と協力してヘモグロビンをつくる役割があり、疲労回復や肌荒れや悪性貧血の改善などにも作用するといわれています。

L-プロリン

C

プロリンはコラーゲンのメインとなる構成成分で、非必須アミノ酸の一種です。豚肉やゼリーなどの動物性ゼラチン質、豆腐などの大豆たんぱくに多く含まれています。関節痛の軽減や美肌効果、脂肪燃焼などの働きがあるとされています。

L-シスチン

C

アミノ酸の一種で、ケラチンというたんぱく質を構成しているアミノ酸として人間の髪の毛やツメに多く含まれています。解毒作用や、美肌効果、育毛効果など、様々な作用が期待できる成分です。ペニスの増大には直接的には関係はありません。

微粒酸化ケイ素

C

微粒二酸化ケイ素のことで、別名シリカゲルとも呼ばれます。ペニスの増大への影響はほとんどなく、ヴィトックスαでも、粉末が湿気を吸って固まってしまうのを予防したりするための添加物としての意味合いが大きいと考えられます。

ステアリン酸カルシウム

C

ステアリン酸カルシウムは動物性や植物性脂肪の飽和脂肪酸の中で最も多くふくまれているものです。特にペニスの増大と関わっているものではなく、ヴィトックスαの品質を守るための添加物として利用されていると思われます。

D-ソルビトール

C

ヴィトクスαのパッケージの箱には記載がなく、公式サイトに記載されている成分です。糖アルコールの一種で、甘味があり食品添加物として利用されていて、ヴィトックスαでも添加物として利用されている可能性があります。

酸化マグネシウム

C

海水からつくられる天然由来成分です。腸の中の水分量を増やすことにより、排便をサポートする働きがあることから、便秘薬や下剤として使われています。特に直接的にペニスの増大に働きかけるような作用はありません。

竹炭色素

C

ヴィトックスαのカプセルに入っている灰色は、竹炭色素による色で安全性の植物由来の天然のものです。特に着色目的以外の増大効果に関係しているとは考えにくいため、格付けをCとしました。

結晶セルロース

C

結晶セルロースは、パルプを分解して結晶部分だけを精製した成分で、サプリの添加物としても利用されている成分です。添加物とはいえ、ただの食物繊維ですので、体の中の有害物質を吸着して体外に出すというデトックス効果は多少あると思われます。

ショ糖脂肪酸エステル

C

ショ糖脂肪酸エステルはヴィトックスαの箱には記載がありませんが、公式サイトに記載されています。ショ糖と脂肪酸で構成されたもので、食品の乳化剤として利用されることが多いです。ヴィトックスαでも品質維持のために利用されていると考えられます。

 

 

本当に100種類以上の成分が入っていたし、ペニスがデカくなりそうなものもたくさん入っているよ!
これはすぐにでも試してみたいな!


 

 

ヴィトックスαの成分量は非公開

ヴィトックスαの全成分について調査を実施しましたが、残念ながら1つ1つの成分についての配合量は非公開でした。公式サイトを見ても、パッケージの箱を見ても、どこにもそれぞれの成分の含有量については明記されていません。
配合量について分かることは、ヴィトックスαの1箱に入っている内容量だけでした。

 

ヴィトックスαの箱に記載されている1箱あたりの内容量

 

内容量10.5g(内容量273g){(350mg×10粒)×3シート}

 

1粒あたり350mgなので、約120種類を均等割りすると1種類あたり約3mgです。
ただし、公式サイトを見てみると、ヴィトックスαの主成分は「シトルリン」と書いてあるので、この「シトルリン」が半分くらい入っているのかもしれませんね。

 

ヴィトックスαの成分を今すぐ試すならキャンペーンで購入しよう!

ペニスの増大に働きかけてくれそうな成分がバランスよく配合されたヴィトックスαを最安値で購入するなら公式サイトでキャンペーンを利用して購入するのがベストです。

 

ヴィトックスαの公式サイトなら、まとめて買えば1箱あたりの価格が安くなりますし、1箱無料プレゼントのキャンペーンをやっていれば、ヴィトクスαを購入すると12,800円もするヴィトックスαが1箱無料でもらえますよ。

 

ただ、キャンペーンは期間限定ですので、いつ終了するかは分かりません。もし、ヴィトックスαに興味があれば、今すぐ公式サイトをチェックしてキャンペーンが実施されているかチェックしてください。